翻訳書『正義と差異の政治』刊行

 この度、飯田文雄先生、苅田真司先生、河村真実さん、山田祥子さんとの共訳で、アイリス・マリオン・ヤング『正義と差異の政治』(法政大学出版局、2020年)を刊行しました。原著は、1989年に刊行された、Iris Marion Young, Justice and the Politics of Difference, Princeton University Press です。この本、『正義と差異の政治』は、特に1970年代以降に主流となった現代のリベラリズム・正義論が、文化やジェンダーなどの「差異」の問題の考慮において不十分であることを鋭く指摘した著作として、政治理論・政治哲学における「現代の古典」と言ってもよい地位を占める著作だと思います。翻訳プロジェクトが始まってから、かなりの時間が経ってしまいましたが、何とかこの重要な本の翻訳を刊行できたことを、喜びたいと思っています。

Justice and the Politics of Difference

Justice and the Politics of Difference

 なお、本書以外のヤングの著作の翻訳としては、『正義への責任』(岡野八代・池田直子訳)岩波書店、2014年があります。また、『正義と差異の政治』とほぼ同じ時期に刊行された、フェミニスト政治理論・政治哲学の代表的な本の翻訳として、その他に、スーザン・オーキン(山根純佳・内藤準・久保田裕之訳)『正義・ジェンダー・家族』岩波書店、2013年、キャロル・ペイトマン(山田竜作訳)『秩序を乱す女たち?――政治理論とフェミニズム』法政大学出版局、2014年、キャロル・ペイトマン(中村敏子訳)『社会契約と性契約――近代国家はいかに成立したのか』岩波書店、2017年、などがあります。(もし余裕があれば)これらと併せて読んでみると、政治理論・政治哲学の分野でフェミニズムの問題関心を扱うとはどのようなことなのかについての理解が深まると思います。
正義への責任

正義への責任

正義・ジェンダー・家族

正義・ジェンダー・家族