Oxford Handbookの刊行

 このたび、Andre Baechtiger, John S. Dryzek, Jane Mansbridge, and Mark E. Warren (eds.) The Oxford Handbook of Deliberative Democracy, Oxford University Press, 2018, が刊行されました。私は、Beibei TangとBaogang Heと共著で、'Deliberative Democracy in East Asia: Japan and China' の章を執筆・寄稿しました。

The Oxford Handbook of Deliberative Democracy (Oxford Handbooks)

The Oxford Handbook of Deliberative Democracy (Oxford Handbooks)

  • 作者: Andre Bachtiger,John S. Dryzek,Jane Mansbridge,Mark E. Warren
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr
  • 発売日: 2018/11/06
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 執筆については、いろいろ反省もあります。共著の仕上げは難航しましたし、「日本担当」でしか書けなかったとも言えます。しかし、とにもかくにもこのハンドブックに著者として参加できたことで、世界の熟議民主主義研究者コミュニティに、たとえ片隅であっても位置を占めることができたのではないかと思います。 2009年~2011年にオーストラリア国立大学で在外研究で滞在した時に、「いつかは、この研究者コミュニティの中に入ることができれば」と思っていました。その願いは、少しだけ適ったような気がします。もちろん、まだまだ課題はあるのですが、今は素直に喜びたいと思います。

第26回東海地区政治思想研究会のご案内

下記の要領で、第28回東海地区政治思想研究会を開催します。
どなたでも、ご参加いただけます。


・日時:2018年11月10日(土)14時~17時15分
・会場:名古屋大学法学研究科1階会議室(212室)
 (下記リンク先のC4-4の建物です。)
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/law.html
・報告
1)松山聡史(名古屋大学大学院法学研究科後期課程)
「シティズンシップ教育研究における『学校中心主義』――イヴァン・イリッチの『脱学校論』に依拠して」

2)渡辺恭彦(奈良女子大学非常勤講師)
「『廣松渉の思想』について――今後の展開を視野に入れて」
(著書:『廣松渉の思想――内在のダイナミズム』みすず書房、2018年)


※研究会終了後、懇親会を行います。


準備の都合上、特に懇親会ご参加の場合は、できるだけ下記まで事前にご連絡いただければ幸いです。
 (連絡先:長谷川一年(南山大学)kazuhase617[at]yahoo.co.jp)


【運営委員】大園誠(名古屋大学)、大竹弘二(南山大学)、田村哲樹(名古屋大学)、長谷川一年(南山大学)

公開ゼミ「『くじ引き民主主義』について考える」

 今年度の名古屋大学ホームカミングデイの法学部企画の一つとして、公開ゼミ「『くじ引き民主主義』を考える」を開催しますので、ご案内します。


・日時:2018年10月20日(土)13時~14時30分
・会場:名古屋大学アジア法交流館2階カンファレンスルーム
   (法学部棟の南側にできた新しい建物です)
・内容:「くじ引き民主主義」をテーマに、ゼミ生があらかじめ簡単な文章を読んできて、コメントペーパーを提出します。それをもとに、グループ討論、全体討論を行います。見に来ていただいた方も、希望により討論に参加していただくことができます(参観だけでも、もちろん構いません)。


 「公開ゼミ」といっても、特別なことを行うわけではありません。基本的に「普段のゼミ」の姿を、来学者のみなさまというものです。
 特に、ゼミや学部の卒業生の方、久しぶりに「大学のゼミ」が見たくなったら、ぜひお越しください。現役・卒業学生の保護者の方、名古屋大学受験を考えている高校生の方なども、歓迎です。

 

推薦文を書きました

 この度刊行の、Nicole Curato, Marit Hammond, and John Min, Power in Deliberative Democracy: Norms, Forums, Systems, Palgrave, 2018, に推薦文(endorsement)を寄せました。洋書によくある、裏表紙に書かれている推薦の文章です。下記リンク先から読むことができます。
www.palgrave.com

 私以外の執筆者は、Simone Chambers, Rainer Forst, Carolyn Hendriksと、熟議民主主義研究をリードする研究者ばかりで、小さなスペースとはいえ「場違い感」もかなりあります。でも、本当に貴重な機会をいただきました。著者のみなさん、特にニコル・クラートのご厚意に感謝します。

Power in Deliberative Democracy: Norms, Forums, Systems (Political Philosophy and Public Purpose)

Power in Deliberative Democracy: Norms, Forums, Systems (Political Philosophy and Public Purpose)

 もちろん、本書は、熟議民主主義研究の到達点を踏まえて書かれたもので、内容的にもお勧めです。

頂きもの

この間の頂きものです。みなさま、どうもありがとうございます!
1)古田拓也さんから『ロバート・フィルマーの政治思想』岩波書店、を頂いています。博士論文を修正されたものです。

ロバート・フィルマーの政治思想――ロックが否定した王権神授説

ロバート・フィルマーの政治思想――ロックが否定した王権神授説

2)水島治郎さんから、谷口将紀・水島治郎編著『ポピュリズムの本質』中央公論新社、を頂いています。
ポピュリズムの本質-「政治的疎外」を克服できるか (単行本)

ポピュリズムの本質-「政治的疎外」を克服できるか (単行本)

3)水島さんからはもう一冊。こちらは、寄稿者の松尾秀哉さんからもいただいています。水島治郎・君塚直隆編著『現代世界の陛下たち』ミネルヴァ書房。
現代世界の陛下たち:デモクラシーと王室・皇室

現代世界の陛下たち:デモクラシーと王室・皇室

4)新川敏光先生からは、『田中角栄』ミネルヴァ書房、を頂いています。「新川宣セガ田中角栄?」とやや意外には思えるのですが、ご本人としてはそうでもなかったのかもしれません(「あとがき」に執筆の経緯が書かれています)。
田中角栄:同心円でいこう (ミネルヴァ日本評伝選)

田中角栄:同心円でいこう (ミネルヴァ日本評伝選)

5)訳者の野口雅弘さんからは、マックス・ウェーバー(野口雅弘訳)『仕事としての学問 仕事としての政治』講談社現代文庫、を頂いております。『職業としての学問』『職業としての政治』を、あえてタイトルから新訳したという挑戦的な翻訳書です。
仕事としての学問 仕事としての政治 (講談社学術文庫)

仕事としての学問 仕事としての政治 (講談社学術文庫)

6)千田航さんからは、『フランスにおける雇用と子育ての「自由選択」』ミネルヴァ書房、を頂きました。どうもありがとうございます。こちらも、博士論文を加筆修正されたものです。7)東京大学社会科学研究所からということで、東大社研・玄田有史・有田伸編『危機対応学』勁草書房、を頂きました。かつて「希望学」に少しだけ関わらせていただいた者としては、少し懐かしい気持ちもします。
危機対応学: 明日の災害に備えるために

危機対応学: 明日の災害に備えるために

頂きもの

ご紹介が遅れてしまいましたが、同僚の愛敬浩二さんから、坂口正二郎・愛敬浩二・青井未帆編『憲法改正をよく考える』日本評論社、2018年、を頂いていたのでした。どうもありがとうございます。

憲法改正をよく考える Taking Constitution Seriously

憲法改正をよく考える Taking Constitution Seriously

お買いもの

またまたお買いものの一部。

Deliberative Democracy and Social Movements: Transition Initiatives in the Public Sphere

Deliberative Democracy and Social Movements: Transition Initiatives in the Public Sphere

↑ペーパーバック版が刊行。著者のアンドレアとは、ANU滞在時の知り合い。最近、頭角を現しつつあるようですね。
Against Democracy

Against Democracy

↑以前にペーパーバック版を買っていたものの、秋学期の大学院ゼミテキストにしたので、この際ハードカバー版も購入。
ダルク 回復する依存者たち――その実践と多様な回復支援

ダルク 回復する依存者たち――その実践と多様な回復支援

意識と自己 (講談社学術文庫)

意識と自己 (講談社学術文庫)

社会学的方法の規準 (講談社学術文庫)

社会学的方法の規準 (講談社学術文庫)

対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得

対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得