頂きもの

ご紹介が遅れてしまいましたが、同僚の愛敬浩二さんから、坂口正二郎・愛敬浩二・青井未帆編『憲法改正をよく考える』日本評論社、2018年、を頂いていたのでした。どうもありがとうございます。

憲法改正をよく考える Taking Constitution Seriously

憲法改正をよく考える Taking Constitution Seriously

お買いもの

またまたお買いものの一部。

Deliberative Democracy and Social Movements: Transition Initiatives in the Public Sphere

Deliberative Democracy and Social Movements: Transition Initiatives in the Public Sphere

↑ペーパーバック版が刊行。著者のアンドレアとは、ANU滞在時の知り合い。最近、頭角を現しつつあるようですね。
Against Democracy

Against Democracy

↑以前にペーパーバック版を買っていたものの、秋学期の大学院ゼミテキストにしたので、この際ハードカバー版も購入。
ダルク 回復する依存者たち――その実践と多様な回復支援

ダルク 回復する依存者たち――その実践と多様な回復支援

意識と自己 (講談社学術文庫)

意識と自己 (講談社学術文庫)

社会学的方法の規準 (講談社学術文庫)

社会学的方法の規準 (講談社学術文庫)

対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得

対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得

お買いもの

最近のお買いものの一部。

Deliberative Systems in Theory and Practice

Deliberative Systems in Theory and Practice

Critical Policy Studiesの熟議システム論特集を書籍化したもの。ようやく届く。基本的に雑誌論文を(本当に)そのまま書籍に移したという体裁になっている。
How Democracy Ends

How Democracy Ends

タイトルに魅かれて購入。How Democracies Dieという本もあり、最近の傾向か。

中部政治学会2018年度研究会のご案内

 下記の要領で、中部政治学会2018年度研究会を開催します。

● 日時:2018年7月28日(土)14:00~17:00

● 会場:名古屋大学法学研究科本館1階会議室(212室)
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html
 (上記地図のC4④の建物内です)
 ※休日のため、法学部正面玄関からのみ入館いただけます。

● 報告
 1)森山花鈴(南山大学)「自殺対策の政策過程」
 2) 百木漠(立命館大学)「アーレントにおける労働と仕事の思想」

● 参加費:無料

※終了後、大学近辺で懇親会を開催します。

※当日の飛び入り参加も歓迎いたしますが、資料準備や懇親会等の関係上、ご参加予定の方はできれば、事務局(chubuseiji[at]gmail.com)までご連絡ください。


報告者の百木さんは、最近以下の本を刊行されています。

アーレントのマルクス: 労働と全体主義

アーレントのマルクス: 労働と全体主義

世界政治学会(IPSA)

 もうすぐ、オーストラリア・ブリスベンで開催される、世界政治学会の2018年度大会に出かけます。僕は、下記のリンク先の「Beyond Talk」をテーマにした熟議民主主義関係のパネルで報告します。
Beyond Talk: The Role of Non-verbal Communication in Deliberative Democracy | IPSA
John Parkinson, Carolyn Hendriks, Selen Ercan, Nicole Curato, Ricardo Mendoncaなど、かつてのキャンベラでの在外研究時に、あるいはそれをきっかけとして出会ったり知り合いになったりした人たちと一緒のパネルです。僕にとっては大変貴重な機会ですし、彼ら・彼女たちと会えるのも本当に楽しみなのですが、ようやくなんとか準備した報告ペーパーの中身は、決して十分なものとはいえず、その意味ではちょっと(かなり)戦々恐々です。
 でも、頑張ります!

頂きもの

1)北田暁大さんから『終わらない「失われた20年」――嗤う日本の「ナショナリズム」その後』筑摩書房、2018年、を頂いておりました。どうもありがとうございます。副題のもととなった『嗤う日本の「ナショナリズム」』刊行後の時事評論的な論考やインタビューをまとめられたものです。共著の『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』とセットで読むとよいと思います。

終わらない「失われた20年」 (筑摩選書)

終わらない「失われた20年」 (筑摩選書)

2)砂原庸介さんから『新築がお好きですか?――日本における住宅と政治』ミネルヴァ書房、2018年、を頂きました。どうもありがとうございます。元々はミネルヴァの小冊子の連載ということですが、おそらくは(日本の)政治学者があまり扱ってこなかったテーマを取り扱った貴重な著作と思います。
新築がお好きですか?:日本における住宅と政治 (叢書・知を究める)

新築がお好きですか?:日本における住宅と政治 (叢書・知を究める)

頂きもの

1)待鳥聡史さんから『民主主義にとって政党とは何か――対立軸なき時代を考える』ミネルヴァ書房、2018年、を頂きました。どうもありがとうございます。一般向け講座の内容を書籍化したもののようですが、タイトルは大変刺激的なものです。

民主主義にとって政党とは何か:対立軸なき時代を考える (セミナー・知を究める)

民主主義にとって政党とは何か:対立軸なき時代を考える (セミナー・知を究める)

2)越智敏夫先生から『政治にとって文化とは何か――国家・民族・市民』ミネルヴァ書房、2018年、を頂きました。どうもありがとうございます。「政治と文化」に関するこの20年ほどの間の御論考をまとめた成果です。
政治にとって文化とは何か:国家・民族・市民 (MINERVA人文・社会科学叢書)

政治にとって文化とは何か:国家・民族・市民 (MINERVA人文・社会科学叢書)