The Oxford Handbook of Deliberative Democracyの刊行

 このたび、Andre Baechtiger, John S. Dryzek, Jane Mansbridge, and Mark E. Warren (eds.) The Oxford Handbook of Deliberative Democracy, Oxford University Press, 2018, が刊行されました。私は、Beibei TangとBaogang Heと共著で、'Deliberative Democracy in East Asia: Japan and China' の章を執筆・寄稿しました。

The Oxford Handbook of Deliberative Democracy (Oxford Handbooks)

The Oxford Handbook of Deliberative Democracy (Oxford Handbooks)

  • 作者: Andre Bachtiger,John S. Dryzek,Jane Mansbridge,Mark E. Warren
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr
  • 発売日: 2018/11/06
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 執筆については、いろいろ反省もあります。共著の仕上げは難航しましたし、「日本担当」でしか書けなかったとも言えます。しかし、とにもかくにもこのハンドブックに著者として参加できたことで、世界の熟議民主主義研究者コミュニティに、たとえ片隅であっても位置を占めることができたのではないかと思います。 2009年~2011年にオーストラリア国立大学で在外研究で滞在した時に、「いつかは、この研究者コミュニティの中に入ることができれば」と思っていました。その願いは、少しだけ適ったような気がします。もちろん、まだまだ課題はあるのですが、今は素直に喜びたいと思います。

「『主体的』ではない熟議のために」刊行

 こちらではご報告がやや遅れましたが、この度刊行された、村田和代編『話し合い研究の多様性を考える』(ひつじ書房、2018年)に、拙稿「『主体的』ではない熟議のために――予備的考察」を寄稿しました。熟議には、とかく「熟議する主体の能力」といった話(や疑念)が付きまといます。本稿では、そのような熟議をを、できるだけ「主体性」から切り離して理解するにはどうすればよいのか、ということを考察しています。サブタイトルの通り、まだまだ「予備的考察」ではありますが、よろしくお願いします。
 他の章で、特に私と分野的に近いものとして、篠藤明徳「プラーヌンクスツェレの『話し合い』と『公共形成権』への展望」、坂野達郎「感情ヒューリスティックスとミニ・パブリックス――Web DP実験からの考察」、佐野亘「妥協を正しく位置づける」、などがあります。

話し合い研究の多様性を考える (シリーズ 話し合い学をつくる 2)

話し合い研究の多様性を考える (シリーズ 話し合い学をつくる 2)

お買いもの

LGBTを読みとく: クィア・スタディーズ入門 (ちくま新書1242)

LGBTを読みとく: クィア・スタディーズ入門 (ちくま新書1242)

↑著者の森山さんには、先日お話しを伺う機会があり、大変勉強になりました。
「国際政治学」は終わったのか: 日本からの応答

「国際政治学」は終わったのか: 日本からの応答

↑大変挑発的なタイトル。

第20回社会政治研究会(11月30日)のご案内

 下記の要領で、第20回社会政治研究会を開催します。今回は運営委員の一人の上村さんを含め、社会学者2名の報告です。

〇日時:2018年11月30日(金)18:00~20:10
〇会場:名古屋大学全学教育棟北棟(情報学部棟)4階406(多目的講義室)

(www.i.nagoya-u.ac.jp/access左下の「情報学部・全学教育棟」北側玄関から4階に上がり、エレベーターを降りて左手へお進み下さい)

〇報告
1)上村泰裕(名古屋大学)「福祉国家のワークライフバランス効果――日本と台湾の比較から考える」

2)木田勇輔(椙山女学園大学)「なぜ名古屋でポピュリスト政治が生じたのか?――グローバルな動向とローカルな文脈」

※飛び入り参加も歓迎いたしますが、準備の都合上、事前に上村(kamimura[at]nagoya-u.jp)まで御一報いただければ幸いです。なお、終了後の懇親会もぜひ御予定下さい。


【運営委員】大岡頼光(中京大学)/上村泰裕(名古屋大学)/田村哲樹(名古屋大学)/山岸敬和(南山大学)

お買いもの

農業保護政策の起源: 近代日本の農政1874~1945

農業保護政策の起源: 近代日本の農政1874~1945

↑佐々田さんの新著。理論的な事例研究をやろうとしている人には、きっと参考になるのではないかと。
統治の抗争史: フーコー講義1978-79

統治の抗争史: フーコー講義1978-79

↑こちらは重田さんの新著。もう一冊出るのだそうで、驚異的。

頂きもの

以前に、訳者の玉手慎太郎さんから、ヤン・エルスター(玉手訳)『酸っぱい葡萄――合理性の転覆について』勁草書房、2018年、を頂いておりました。どうもありがとうございます。こちらでのご紹介が遅れてしまいました。申し訳ないです。エルスターの代表作の貴重な翻訳が、ついに刊行です。

酸っぱい葡萄: 合理性の転覆について (双書現代倫理学)

酸っぱい葡萄: 合理性の転覆について (双書現代倫理学)

頂きもの

著者の井手英策さんから『幸福の増税論――財政はだれのために』(岩波新書、2018年)を頂きました。どうもありがとうございます。タイトルはいささか挑発的なものに見えますが、そうであるがゆえに井手さんの考えが詰まっているのだろうと思います。

幸福の増税論――財政はだれのために (岩波新書)

幸福の増税論――財政はだれのために (岩波新書)