The Oxford Handbook of Deliberative Democracyの刊行

 このたび、Andre Baechtiger, John S. Dryzek, Jane Mansbridge, and Mark E. Warren (eds.) The Oxford Handbook of Deliberative Democracy, Oxford University Press, 2018, が刊行されました。私は、Beibei TangとBaogang Heと共著で、'Deliberative Democracy in East Asia: Japan and China' の章を執筆・寄稿しました。

The Oxford Handbook of Deliberative Democracy (Oxford Handbooks)

The Oxford Handbook of Deliberative Democracy (Oxford Handbooks)

  • 作者: Andre Bachtiger,John S. Dryzek,Jane Mansbridge,Mark E. Warren
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr
  • 発売日: 2018/11/06
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 執筆については、いろいろ反省もあります。共著の仕上げは難航しましたし、「日本担当」でしか書けなかったとも言えます。しかし、とにもかくにもこのハンドブックに著者として参加できたことで、世界の熟議民主主義研究者コミュニティに、たとえ片隅であっても位置を占めることができたのではないかと思います。 2009年~2011年にオーストラリア国立大学で在外研究で滞在した時に、「いつかは、この研究者コミュニティの中に入ることができれば」と思っていました。その願いは、少しだけ適ったような気がします。もちろん、まだまだ課題はあるのですが、今は素直に喜びたいと思います。

論文「『教育政治学』の射程」の刊行

 論文「『教育政治学』の射程――『政治/政治的なるもの』と『教育/教育的なるもの』との区別の導入を通じて」『法政論集』(名古屋大学)第280号、2018年12月、が刊行されました。名古屋大学リポジトリでも、まもなく閲覧できるようになると思います。本稿は、日本政治学会2017年研究大会での報告ペーパーを修正したものです。
 小玉重夫先生が提唱する「教育政治学」について、それがどのくらいの研究プログラムとしての広がりを持つのかという問題を、「政治/政治的なるもの」と「教育/教育的なるもの」という区分を導入することによって探求しました。

「『主体的』ではない熟議のために」刊行

 こちらではご報告がやや遅れましたが、この度刊行された、村田和代編『話し合い研究の多様性を考える』(ひつじ書房、2018年)に、拙稿「『主体的』ではない熟議のために――予備的考察」を寄稿しました。熟議には、とかく「熟議する主体の能力」といった話(や疑念)が付きまといます。本稿では、そのような熟議をを、できるだけ「主体性」から切り離して理解するにはどうすればよいのか、ということを考察しています。サブタイトルの通り、まだまだ「予備的考察」ではありますが、よろしくお願いします。
 他の章で、特に私と分野的に近いものとして、篠藤明徳「プラーヌンクスツェレの『話し合い』と『公共形成権』への展望」、坂野達郎「感情ヒューリスティックスとミニ・パブリックス――Web DP実験からの考察」、佐野亘「妥協を正しく位置づける」、などがあります。

話し合い研究の多様性を考える (シリーズ 話し合い学をつくる 2)

話し合い研究の多様性を考える (シリーズ 話し合い学をつくる 2)

頂きもの

 共編者の岩崎正洋先生をはじめ、執筆者の皆様から、岩渕美克・岩崎正洋編著『日本の連立政権』八千代出版、2019年、を頂いておりました。どうもありがとうございます。

日本の連立政権

日本の連立政権

頂きもの

1)金井利之先生を代表とする合意形成研究会の先生方から、金井利之編著『縮減社会の合意形成――人口減少時代の空間制御と自治』第一法規、2019年、を頂きました。どうもありがとうございます。まさに「合意形成」をキーワードとした本で、読むのが楽しみです。

縮減社会の合意形成-人口減少時代の空間制御と自治-

縮減社会の合意形成-人口減少時代の空間制御と自治-

  • 作者: 金井利之,阿部昌樹,礒崎初仁,内海麻利,北村喜宣,齋藤純一,嶋田暁文,名和田是彦,原島良成,村山武彦
  • 出版社/メーカー: 第一法規
  • 発売日: 2018/12/15
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
2)編者の宇佐美誠先生と寄稿者の井上彰さんから、宇佐美誠編著『気候正義――地球温暖化に立ち向かう規範理論』勁草書房、2019年、を頂きました。どうもありがとうございます。先日ご紹介した『人口問題の正義論』(世界思想社)と併せて読むべき本かもしれません。
気候正義: 地球温暖化に立ち向かう規範理論

気候正義: 地球温暖化に立ち向かう規範理論

お買いもの

政治哲学概説

政治哲学概説

教養のためのセクシュアリティ・スタディーズ

教養のためのセクシュアリティ・スタディーズ

リバタリアニズム-アメリカを揺るがす自由至上主義 (中公新書)

リバタリアニズム-アメリカを揺るがす自由至上主義 (中公新書)

憲法講話 (岩波文庫)

憲法講話 (岩波文庫)

↑ひょっとしたら買っていたかも。。。
はじめてのケア論 (有斐閣ストゥディア)

はじめてのケア論 (有斐閣ストゥディア)

変動のマクロ社会学:ゼーション理論の到達点

変動のマクロ社会学:ゼーション理論の到達点

現代思想 2019年2月号 特集=「男性学」の現在 ―<男>というジェンダーのゆくえ―

現代思想 2019年2月号 特集=「男性学」の現在 ―<男>というジェンダーのゆくえ―

  • 作者: 澁谷知美,金田淳子,深澤真紀,伊藤公雄,田中俊之,清田隆之,多賀太,杉田俊介,貴戸理恵,森山至貴
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2019/01/28
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る

お買いもの2

最近買った洋書のいくつかを。

Politics with the People: Building a Directly Representative Democracy (Cambridge Studies in Public Opinion and Political Psychology)

Politics with the People: Building a Directly Representative Democracy (Cambridge Studies in Public Opinion and Political Psychology)

  • 作者: Michael A. Neblo,Kevin M. Esterling,David M. J. Lazer
  • 出版社/メーカー: Cambridge University Press
  • 発売日: 2018/09/06
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
Mapping and Measuring Deliberation: Towards a New Deliberative Quality

Mapping and Measuring Deliberation: Towards a New Deliberative Quality